雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

特撮、テレビ 雑感、考察

仮面ライダーアマゾン 第16話 感想

更新日:

第16話「ガランダーの東京火の海作戦!!」

冒頭、ガランダー帝国の黒ジューシャたちが
何やら怪しい人物を輿に乗せて運んでいる。
それを見つめるアマゾン。
アマゾンは一行を追いかけるが、見失ってしまう。

駅前。
駅の中から、友人と一緒に出てくるりつ子。
駅前の路上で、アクセサリーの路上販売を見つける。
だが、売っているのはさっき黒ジューシャに運ばれていた、怪しい男。
そこでりつ子は、アマゾン特産のゲンゴロウのブローチに目を留める。
「アマゾンの特産物なら、アマゾンが見たら懐かしいと思ってくれるわね」
と、アマゾンの目を気にしている様子も。
初期の頃、アマゾンをボロカスに罵っていたりつ子から考えると、
驚くほどの心境の変化である。
値段を聞いてみると、1個100円だと言う。
安さもあってすぐに購入して身につけるが、
その途端、怪しい男が何やら呪文を唱え、ブローチがりつ子の喉元に。
怪しい男は巨大なゲンゴロウの姿になり、りつ子の喉元に噛みつき血を吸う。
気がつけば、怪しい男の姿は消え去っており、
後には倒れたりつ子だけが残されていた。

どこか怪しい場所。
先ほどの怪しい男が、ドラム缶から大きな器に油を注いでいる。
そこに先ほどのゲンゴロウのブローチが飛んで帰って来て、
油の上に下りると、油はいきなり炎上を始める。
ブローチは怪しい男の胸元に戻り、
そのまま怪しい男はゲンゴロウ獣人へと姿を変える。
ゲンゴロウ獣人の前にゼロ大帝が現れ、
世界征服の目的を達するため、
まず「東京火の海作戦」を実行するように命令する。
側にいた黒ジューシャを消し去り、
「成功か、しからずんば死あるのみだ」
と厳しい態度。
いいのか。
ゲドンも同じようなスタンスでやっていた結果、
最後には獣人がいなくなってしまうことになったのだが……。

病院で目を覚ます、りつ子。
枕元にはマサヒコ、アマゾン、藤兵衛の姿。
りつ子は自分が倒れるまでの経緯と、
怪しい男とゲンゴロウのブローチについて話す。

一方、そのころ、東京の町では
ゲンゴロウ獣人による「東京火の海作戦」が開始され、
あちこちで火の手が上がっていた。

病院のラジオで火事のニュースを聞いたアマゾンたち。
そこにモグラ獣人が尋ねて来て、
この火事がガランダー帝国の仕業だと告げる。
それを聞いたアマゾンは、ジャングラーに乗って飛び出していく。

燃える町。
泣いている子供を救出したアマゾンだったが、
そんなアマゾンの前を飛んでいくゲンゴロウの姿が。
ゲンゴロウはゲンゴロウ獣人に姿を変えるが、そこにアマゾンが現れ、
ゲンゴロウ獣人との戦闘を開始する。
獣人の猛攻の前に、押され気味なアマゾン。
獣人と共に川の中に飛び込み、そこでアマゾンライダーに変身。
戦局は一気にアマゾンに傾くが、
不利と悟ったゲンゴロウ獣人は姿を消し、逃げ去ってしまう。

這々の体でアジトに帰ってきたゲンゴロウ獣人。
もちろん、ゼロ大帝はお怒りだ。
ゲンゴロウ獣人は「東京火の海作戦」の成果を述べて、
必死に言い訳するが、ゼロ大帝の怒りは収まらない。
ゲンゴロウ獣人は、自分がアマゾンにやられたのは
エネルギーが尽きかけていたからだと主張し、
もう一度りつ子の血を吸ってエネルギーを補給すれば、
きっと作戦を成功させることが出来るだろうと訴える。
それを聞いたゼロ大帝は、一度だけは許すことにし、
もう一度チャンスを与えることにする。

黒ジューシャたちに攫われるりつ子。
モグラ獣人がその現場を目撃し、アマゾンに知らせるが、
時すでに遅く、アマゾンがりつ子を見つけたときには
すでにゲンゴロウ獣人がりつ子の血を吸った後であった。
りつ子から、ゲンゴロウ獣人が
コンビナートを狙っていることを聞いたアマゾンは
コンビナートに向かい、間一髪、コンビナートに放火しようとしていた
ゲンゴロウ獣人を阻止することに成功する。

開始されるアマゾンライダーとゲンゴロウ獣人の戦い。
エネルギーが十分であるとはいえ、
やはりアマゾンライダーに圧倒されるゲンゴロウ獣人。
最後は大切断をくらい、血を噴き出しながら絶命する。
死の間際、ゲンゴロウ獣人は自らの分身であるゲンゴロウを
アジトに向かって飛ばすが、結局、そのゲンゴロウも
ゼロ大帝に処刑されてしまった。

今回の最後に、声だけの登場となった「支配者」。
ガランダー帝国の首領のようだが、まだその姿は分からない。
果たしてガランダー帝国の「支配者」とは何者なのだろうか?

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-特撮、テレビ, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.