雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

特撮、テレビ 雑感、考察

仮面ライダーアマゾン 第15話 感想

更新日:

By: iwaryo

前回、長らく(?)敵として戦ってきたゲドンと十面鬼が滅んだ。
新たなる敵・ガランダー帝国とゼロ大帝とは何者なのか?

第15話「出たぞ!恐怖のゼロ大帝!!」

冒頭、公園で遊んでいる子供たち。
そこに怪しい自動車がやってきたかと思った途端、
どこからとも無く怪しい霧が立ちこめて来て、
それを吸った子供たちは気を失って倒れてしまう。
やがて霧の中から黒ジューシャたちが現れ、
自動車の中に子供を押し込めて立ち去っていく。
それを見ていた男性が警察に電話しようとした所、
そこにハチの姿をした獣人が現れ、男性を針で刺して溶かしてしまう。

ハチ獣人のアジトへ連れてこられた子供たち。
何やらゾロゾロと歩いて来たかと思えば、口に大きな針をくわえている。
どうやらハチ獣人に洗脳されてしまったらしい。
(このハチ獣人、よく見たら口の部分が針になっているのだが、
 よくよく考えてみれば蜂の針は口ではなく、
 尻についていたはずなんだが……。
 そう思ってハチ獣人をよく見てみると、尻の先にも針がついている。
 デザイン的におかしいのは口の部分だけらしい)
ハチ獣人はガランダー帝国のゼロ大帝にその行動を報告。
どうやらガランダー帝国の真の目的は「ギギの腕輪」ではなく、
あくまでも世界征服にあるらしい。
ゼロ大帝曰く、
ゲドンはアマゾンの「ギギの腕輪」に固執するあまり
世界征服のほうがお留守になっていた、ということのようだ。
たしかに十面鬼は、世界征服をぶち挙げるというよりは
アマゾンの「ギギの腕輪」を奪うことしか考えていないような所はあった。
今回のガランダー帝国は、そこら辺の目的をしっかりと決めているらしい。

一方、場面は戻って公園近くの公衆電話。
何やら人だかりが出来ている。
立花藤兵衛が聞いてみると、110番に電話した男が溶けたらしい。
藤兵衛は「まさかゲドンが……」と疑うが、
アマゾンは「ゴルゴス(十面鬼)は死んだ」とそれを否定。
だが前回現れた謎の黒いジューシャたちのことが気になるようだ。

2人が車に乗って、黒いジューシャを探していると
1人のオバサンが「子供が攫われたんです」と助けを求めてくる。
アマゾンはすぐさまジャングラーで怪しい自動車を追跡。
自動車に追いつくと、中に乗っていた黒ジューシャたちを引きずり出し、
その目的を聞き出そうとするが、そこにハチ獣人が現れる。
アマゾンとハチ獣人は戦闘を開始するが、
針をふり回すハチ獣人相手に責めあぐねてしまう。
ピンチに陥ったアマゾンだったが、
そのとき地中からモグラ獣人が現れハチ獣人を妨害、
その隙にアマゾンはハチ獣人から逃げ出すことに成功する。

ハチ獣人が飛び去っていった後、アマゾンとモグラが話す。
モグラ曰く「今の獣人は初めて見る顔だ」とのこと。
アマゾンが「何か知らないか?」と聞くと
何やらモグラには心当たりがある様子。
どうやら口にするのも恐ろしいらしく、
モグラは震えながら穴の中へと消えていく。

場面が変わって、マサヒコがアマゾンを探していると、
そこにモグラ獣人が現れ、アマゾンはお出かけ中だという。
アマゾンの前に新たなる強敵が現れ、その強敵が何故か子供を攫っている。
だからマサヒコにも注意するように言うが、
マサヒコはその忠告を聞こうとせず、
自分もアマゾンと一緒にその謎の敵を捜そうと考える。

一方、ガランダー帝国のアジトでは、ハチ獣人が洗脳した子供たちに
「友だちをここに連れてくるように」と命令した。
どうやら仲間を増やすつもりらしい。

子供を攫う謎の敵を捜すマサヒコの前に、マサヒコの友だちが現れる。
この友だちはハチ獣人に洗脳されており、
マサヒコをハチ獣人のアジトへと連れて行く。
アジトに連れてこられたマサヒコはハチ獣人に洗脳されてしまう。

マサヒコを探す、アマゾン、りつ子、藤兵衛。
そこにマサヒコが「子供たちを攫う連中を見た」といって現れ、
アマゾンをそこに連れて行こうとする。
マサヒコに案内されて、ハチ獣人のアジトに向かうアマゾンだったが、
その途中、マサヒコの様子がおかしいことに気付き、
マサヒコを縛って動けなくしてしまう。

アマゾンはそのままハチ獣人のアジトに乗り込むが、
そこでアマゾンは洗脳された子供たちに囲まれてしまう。
そこにハチ獣人も現れ、大ピンチに陥ったアマゾンは
アマゾンライダーに変身。
ハチ獣人との戦闘を開始する。
ハチ獣人は口の針の他、尻の針もとばして攻撃してくるが、
アマゾンはこれをかわして大切断で反撃。
無事、ハチ獣人を倒すことに成功する。
そこに謎の声が響き渡る。
「アマゾンライダー、いくら貴様が
 ガランダー帝国に手向かってもムダなことだ」

ハチ獣人を倒したアマゾンは、洗脳を溶く解毒剤を入手。
それで洗脳されたマサヒコたちを元に戻して、話は締めである。

ゲドンに変わる新しい敵・ガランダー帝国が暗躍を始めた。
このガランダー帝国はゲドンの様に「ギギの腕輪」を狙ってこないため、
敵の方からアマゾンに関わってくることは無い。
ただ、世界を征服するために悪事を働くだけである。
そういう意味では、これまでの仮面ライダーの敵に近いといえる。
ゲドンとの戦いでは、アマゾンは否応無く
戦いに巻き込まれていたといえるが、
ガランダー帝国との戦いでは、むしろアマゾンの方が積極的に
ガランダー帝国の野望を打ち砕くべく動いていく。

アマゾンもまた、立派な正義のヒーローであると、
再確認させられた第15話であった。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-特撮、テレビ, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.