雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

時事 雑感、考察

感動ポルノ

更新日:

ちょっと前に、ネットのニュース記事を読んでいたら、
こういうタイトルの記事があった。

「24時間TVは感動ポルノだ」

24時間TVというのは、知っている。
これは自分が子供のころからあった番組で、
要は24時間、ダラダラと続ける特別番組のことである。
「愛は地球を救う」をキャッチフレーズにした、
慈善・チャリティーを謳った番組で、
番組放送中は、頻繁に募金の募集をやっていた気がする。
よくいくスーパーマーケットの中にも、
この番組の募金箱が設置されたりすることもあり、
TVという枠を超えた、一種の大イベントの態がある。

個人的に好きか嫌いかでいえば、
はっきりと嫌いな番組であった。
番組の「偽善性」が〜、などというわけではなく、
この24時間テレビが放送されると、
毎日楽しみにしていた、アニメや特撮番組の再放送が
中止になっていたからで、
場合によっては、本放送の子供番組までお休みになっていた。
こういうマネをしていては、子供の支持は得られない。
当然、子供心に24時間TVに対する嫌悪感が刷り込まれ、
これをそのまま、この歳まで持ち越してしまった。

また、我が家の両親も、特にこの番組を見る様なこともなく、
この番組をやっているときは、
他のチャンネルを見るようにしていたので、
結局、我が家の3兄弟は24時間TVを見ることのないまま、
大人になっていったのである。
「三つ子の魂、百まで」というが、
そういう育ち方をしてきたせいか、この歳になっても
改めて24時間TVを見ようという気は、沸いてこない。

話がそれたが、今回のポイントは「24時間TV」の方ではなく、
「感動ポルノ」の方である。
「感動ポルノ」って何だ?

自分たちの世代に「ポルノ」の意味は?と聞くと、
多分、100人中100人が「エロ」と答えるだろう。
ひょっとしたら、ロックバンドの「ポルノグラフィティ」と
答える人もいるかも知れないが、
自分たちの世代では、ごく僅かではないだろうか?

英和辞典で「ポルノ」という言葉を引いてみると、
「porno」単体では項が存在しておらず、
「porno-grapher」と「porno-graphy」の2つの項しかなかった。
それぞれ「エロ作家、春画作家」と
「好色文学、春画、エロ本」の意味である。
これから考えても「ポルノ」=「エロ」というのは、
割と的を射た答えのようである。

ここから「感動ポルノ」という言葉の意味を考えてみると、
これは「感動的なエロ」ということになるだろうか?
ちょっと意味が不明だが、
感動の涙が流れるほどにエロいということだろうか。
24時間TV……、いつのまにそんな「エロ」路線に……。
近年、24時間TVもマンネリ気味で、
視聴率が落ちてきている、なんていう話も聞いていたが、
まさかそういう方向で、テコ入れを図るとは思わなかった。
これからは「愛は地球を救う」ではなく、
「エロは地球を救う」がキャッチコピーになるというのか。

もちろん、そんなはずはない。
つまり、ここでいう「ポルノ」というのは、
今までの「エロ」という意味での「ポルノ」と、
違う意味で使われているのだ。
最初に「感動ポルノ」という言葉を使った人間にいわせれば、
この「ポルノ」という言葉には、
「ある特定の人たちをモノ扱いして、
 他の人が得をするようになっている」
という様な意味を込めているらしい。
たしかに、従来の「エロ」の意味であったとしても、
被写体(これはあくまでも「ポルノグラフィティ」の場合だが)
を1つのモノとして考えれば、
それの載った写真なり本なりを、売ったり買ったりすることによって、
他の人が「得」をする構造になっているといえる。
まあ、早い話、誰かをネタにして一儲けすることを、
「ポルノ」と言い切っているわけだ。

この意味でいうと、「感動ポルノ」をいうのは、
誰かに「感動」的なことをやらせ、
それをネタにして一儲けする、という様な意味になるだろうか。
先の「24時間TVは感動ポルノだ」の発言など、
24時間TVの企画で、身体障害者に様々なことをやらせ、
それを感動的な話に仕立て上げて、一儲けを企むという様なことを、
暗に批判した言葉、としてもいいかもしれない。

従来の「エロ」の意味でのポルノが、
余り良い意味ではないものの、
どこか明るく滑稽な感じがするのに比べ、
この「感動ポルノ」のポルノは、
感動を扱っているはずなのに、ひどく暗く、
汚らしいものの様に感じるのは、
たとえそれが感動目的であるとはいえ、
障害者を見せ物にしているという構図ゆえ、だろうか?

昨今、この意味で「ポルノ」という言葉が使われることが、
多くなってきているようだ。
この「感動ポルノ」の他にも、

・フードポルノ
・キャリアポルノ
・愛国ポルノ

なんていうものもあるらしい。
「フードポルノ」なんていわれれば、
これまでは「おっぱいプリン」なんていうのを
思い浮かべたりしていたし、
「キャリアポルノ」なんていわれれば、
キャリアウーマンのポルノ写真?とか考えていただろう。

「フードポルノ」というのは、SNSなどに
美味しそうな食べ物の画像を投稿して、
第3者の食欲を刺激するもの、ということらしいし、
「キャリアポルノ」というのは、
自己啓発書などを読んで、実際には何も変わっていないのに、
自分がレベルアップしたように錯覚することを指すらしい。
「愛国ポルノ」というのは、
日本の凄さを礼賛する様なTV番組や本を見て、
いい気分になる、というものらしい。

この「いい気分になる」というのが、
「ポルノ」の本質をついている様な気がする。

エロい写真などを見て「いい気分」になる。
感動的な番組などを見て「いい気分」になる。
うまそうな食べ物の写真を見て「いい気分」になる。
自己啓発書を読んで、成長した様な「いい気分」になる。
日本の凄さを聞いて「いい気分」になる。

そう考えると、これからも色々な「ポルノ」が
生まれてきそうである。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-時事, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.