雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

時事 雑感、考察

号泣とすっとぼけ

更新日:

東京都知事が、激しく叩かれている。

海外出張に数千万円も使ったり、
毎週末、公用車で別荘へ出かけたり、
お正月の家族旅行の費用を、政治資金で支払ったり、
政治資金を使って、様々な私物と思われる物品を購入したりと、
やりたい放題にやっていたようで、
毎日、それらの行為について、TVなどでバッシングされている。

先日、釈明会見を行ったが、
終始、言い訳と言い逃れをしていたという印象しかなく、
それを見た都民からも、「納得できない」という意見が
出ているようである。
ある内閣参与は、この釈明会見について
「100点満点中、マイナス1億点」と評価した。
あまりにもアタマの悪そうな評価であるが、
この釈明会見について、酷いマイナスイメージを持ったことだけは
こちらにも伝わってくる。

まあ、所詮は他所の自治体の代表の話と、
言ってしまえばそれまでなのだが、
舛添要一といえば、一時期はテレビの討論番組などでは
お馴染みの顔であり、それらの番組の中では
舌鋒鋭く政治について意見をしていたイメージがあるため、
何ともいえぬ、「残念感」の漂う自体となってしまっている。
当初は、彼を擁護していた人たちも、
次々に新しい不祥事があらわになるにつれて、
彼を批判するようになり、ああ、掌返しというのは
こういうことを言うんだなぁと、シミジミと感じさせてくれた。
もはや、ニュースや情報番組では、都知事辞任の声も聞かれ、
すでに「ポスト舛添」の予想まで始まっている始末である。

確かに、彼のやってきたことは酷い。
まさに「政治とカネ」の見本のような所行であり、
ドラマや小説に出てくる「悪徳政治家」を、
そのまま引っ張ってきたようですらある。
これだけのことが明らかになっても、
「舛添要一逮捕」という声がほとんど聞こえてこない所を見ると、
余程上手く、法の目をかいくぐっているらしい。
その点がまた、「悪質」「せこい」などという印象を
見ている人に与え、今や彼の評判は最低といっていいだろう。

たまにテレビ番組の中でも触れられていることであるが、
彼のやっていたことは、
あの号泣県議・野々村竜太郎と変わらない。
公的な資金を使って、私的な利益を上げていたということである。
野々村竜太郎の方は、やり方がマズく、
後に逮捕されるようなことになったが、
舛添要一の方は、そこら辺、抜け目がなかったので、
逮捕は免れているという点だけが、違っている。
そこの所が、なんとも小狡く、卑怯な印象を与えている。
この2人の釈明会見を見ていると、
記者の声を聞くのに、耳に手を当てるポーズと、
水を飲むときに口元を隠す飲み方が同じであるため、
非常に似通ったイメージを受ける。
(もちろん、やったことも、記者に追求されていることも、
 似通っているのだが……)
違った所といえば、野々村竜太郎が号泣したのに対し、
舛添要一は、最後まですっとぼけ通したことである。
いっそのこと、舛添要一も号泣してくれれば、
見ている方も笑えたのだが、
やはり彼は、そういう空気は全く読めないようである。

さて、今回の都知事の不祥事の件で、
前東京都知事である猪瀬直樹が、
現知事である舛添要一の所行について、
厳しく指弾していたが、よくよく考えてみれば、
前知事である彼も「政治とカネ」の問題で、職を辞している。
ヌケヌケと出てきて、シャアシャアと他人の問題を追及しているが、
立場的にいえば、決して人のことをどうこう言える立場ではない。
5000万円が鞄の中に入るだの、入らないだのと、
わざわざ実演などをしていたが、
アレも決して、今回の騒動に劣るものではなかったと思う。

今回、これだけの騒動になったことを考えると、
さすがに都知事の職を続けていくことは難しいだろう。
都庁には、都民からの苦情の電話がひっきりなしにかかり、
都の職員はその対応に、
てんてこ舞いであるというニュースもあった。
彼らにしてみれば、自らに全く関係のない知事の不祥事で、
散々に苦情を言われるのだから、
ある意味でいえば、今回、最大の被害者といえなくもない。
前回、今回と、トップである知事の不祥事によって、
散々、苦情を言い立てられる職員たち。
せめて、次に知事になる人間は、
不祥事を起こさない人間であってほしいと、願っていることだろう。

3度目の正直、という諺もあるし、
2度あることは3度ある、という諺もある。
果たして、次に都知事となる人間は、
「政治とカネ」の問題を起こさない人間となるのだろうか?

こんなことを心配しないといけない辺り、
首都の政治には、暗雲が漂っている。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-時事, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.