雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

未分類

赤とんぼ

投稿日:

先日、自転車で農道を走っていたら、

青々とした水田の上に、驚くほど多くの赤とんぼが飛んでいた。

子供のころは、自宅の近くでも、相当な数の赤とんぼがいたのだが、

近年、乱開発の影響か、とんとその姿を見なくなっていた。

だから随分と久しぶりの、赤とんぼとの邂逅であった。

自分の住んでいる兵庫県たつの市は、赤とんぼの里として知られている。

別に赤とんぼの大繁殖地、というわけではない。

童謡「赤とんぼ」を作詞した三木露風が、龍野市の出身であったことから、

ずっと以前から赤とんぼをウリにしていたのだ。

近年では「童謡の里」という触れ込みで、龍野をアピールしてきたが、

それも、もとはこの童謡「赤とんぼ」あってのものである。

このように龍野にとって、重要な意味を持つ赤とんぼだが、

近年、その数が減ってきているというニュースがあった。

そのため、小学生などがわざわざ赤とんぼの幼虫を放流し、

その数を増やそうとしている、ということだった。

どうやら、水田にまいている農薬のせいで、1990年代の後半くらいから、

赤とんぼの数が激減しているらしいのだ。

自分が子供だった、1980年代ごろも、わりと容赦なく、

農薬をまき散らしていたような気もするのだが、

そのころでも、赤とんぼは充分な数が、棲息していたように記憶している。

とくに夏の農薬散布はひどいもので、地域の水田が一気に農薬を散布するので、

辺り一帯に白い農薬の霧が立ちこめるほどであった。

そんな中で、遊んでいたのだから、我ながら恐ろしいことをしていたと思う。

子供心にも、その農薬は身体に悪そうだなーと、思わざるを得ないほど、

イヤな臭いがしていた。

近年は、そういうこともあまりなくなってきていたのだが、

実際に赤とんぼの数が減少していた所を見ると、

農薬は減ったのでも、無毒になったのでもなく、

人が気がつかないようになっていただけなのだなと、思い知らされた。

存外、人がヤバいと感じるものよりも、

人が何も感じないものの方が、ヤバいのかもしれない。

ところが今年はちょっと妙であった。

田植えの時期、水を張った水田に鴨が何羽も泳いでいた。

ちょっと珍しい光景だった。

さらに白鷺や青鷺も、水田の至る所で見ることができた。

田植えの終わった水田の中には、カブトエビやオタマジャクシが泳ぎ、

中にはザリガニのいる水田もあった。

どうも子供のころに見ていた水田に、近いような気がするのだ。

そう思っていた所に、大量の赤とんぼだ。

ひょっとしたら、自分の知らない所で、

自然が戻ってきているということだろうか?

話を、赤とんぼに戻そう。

ひとくちに「赤とんぼ」といっているが、これは正式にはアキアカネという。

トンボ科アカネ属に類する、トンボの一種である。

体色が赤くなるトンボは他にもいるのだが、一般的に赤とんぼといえば、

このアキアカネを指す。

ロシア、中国、朝鮮半島、日本に棲息している。

世界中でも、極東地域限定のトンボだ。

水田、池、沼、湿地など、底が泥で、水質の良くない所に棲息する。

初夏に平地で孵化した後、夏の暑い季節には高原などの、涼しい高地に移動する。

この時には、標高3000mほどの高地に移動することもある。

トンボの仲間はどれも、この時期、水辺を離れて生活するが、

このアキアカネほど、長距離を移動するものはいない。

アキアカネは、気温が30度を上回ると、生存していくことができないので、

避暑的に、涼しい場所に移動しているのだ。

だから秋になり、涼しくなってくると、再び平地に戻ってくる。

このころには、赤とんぼの名前通り、身体が赤く変色している。

三木露風が、童謡「赤とんぼ」の中で歌ったのは、

この時期のアキアカネのことである。

ここから11月くらいにかけ、水中に産卵し、アキアカネはその一生を終える。

龍野市では昔から、夕方になると童謡「赤とんぼ」の音楽を放送していた。

龍野市民にしてみれば、お寺の鐘のようなものだ。

この「赤とんぼ」は夕方だけではなく、朝7時と夜10時にも流れている。

つまり龍野市に生まれた人間は、幼少のころより「赤とんぼ」の曲を、

刷り込まれるようにして、育ってきたわけだ。

……これは一種の洗脳ではあるまいか?

ともあれ、今年はたつの市に赤とんぼの姿が戻ってきている。

このまま無事に成長し、秋にその赤い姿を見せてほしいものだ。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© Falx blog 2 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.