雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

未分類

観相術~ウルトラマン

投稿日:

人相というのは、いろいろな情報をもっている。

世の中には、人相を見ることで、その人の性格を知ろうというものもある。

顔には、いろいろな情報が含まれている。

自分は、人の顔を覚えるのが、苦手だった。

仕事で、膨大な数の客と顔を合わせるようになって、

顔を覚えることにも慣れたが、それ以前はひどかった。

人から声をかけられても、相手の顔が思い出せず、

必死に取り繕いながら、記憶を辿ったものだ。

今回は、本格的な「観相術」について書いていくワケではない。

タイトルにあるように、もっと気楽に顔を分析していく。

今回は「ウルトラマン」の顔について、分析していく。

さて、ウルトラマンの顔、といわれて何を思い浮かべるだろうか?

銀色の肌、卵型の目、人間の口に似ているようで似ていない口。

鼻といえるほどのものもなく、耳も人間のものとは違っている。

「宇宙人」という設定のキャラクターなので、人間をモチーフにしながらも、

人間離れしているという、相反した要素を内包している。

良く知られている宇宙人(?)に、グレイというのがいる。

頭でっかちで、体が細く、目が黒く吊り上がっていて大きい。

宇宙人、ということなら、比較的メジャーなこのグレイが、

モデルになっていてもよさそうなものだが、これとはだいぶ造形が違う。

もっとも、巨大なグレイが怪獣と戦うのでは、

ウルトラマンは人気が出なかっただろう。

さて、ウルトラマンの顔を並べて、分析してみよう。

まずは、目のパーツだ。

ウルトラマンに代表される卵型の目と、

ウルトラセブンに代表される六角形型の目がある。

この種族の目は、この2種類だけである。

割合としては、圧倒的に卵型の目が多い。

六角形型の目を持っているタイプは、さぞ肩身が狭い思いをしているに違いない。

あるいは、レアな目ということで、モテモテなのだろうか?

この手の特徴は、普通、両親の持つ染色体による遺伝ということになる。

セブンの息子ゼロは、セブンと同じ六角形型の目をしている。

逆に両親ともに卵型の目を持つタロウは、六角形型の目である。

どういう遺伝でこうなったのか?

あるいはタロウは、不貞の……?いや、これは止めておこう。

この種族の目は、一様に吊り上がっており、垂れ目のウルトラマンは存在しない。

次に鼻を見ていこう。

目鼻立ちという言葉もあるくらい、鼻の形は顔の印象を決定づける。

それほどに重要な顔のパーツであるが、この種族には鼻がない。

極めて少数のウルトラマンに鼻が確認できるが、

基本的に頭頂部のトサカから続く盛り上がりが、口にまで達していて、

鼻というものは存在していない。

口は開かない。

というより、この種族はモノを食べないので、退化したのかもしれない。

人間なら他にも、呼吸をしたり、声を発したりという役割があるが、

この種属の場合、口を動かさずに喋るし、

肩で息をするほどに疲弊していても、口が開くことはない。

彼らにとって口というのは、完全にお飾りになってしまっている。

そのためか、彼らの口は一様に同じ形である。

これも口の形の違う例外がわずかにいるが、ほんの一握りである。

耳は人間と同じく、頭の側部についている。

形は個人によって、様々である。

この点、人間に似ているといえる。

一部には耳の辺りから、角状の突起が出ていることもあるが、

これは耳である場合と、そうでない場合がある。

またこの突起状の耳は、時たま消えてなくなったりする。

輪郭は皆同じである。

人間の場合は、ここで顔の印象が大きく変わってくるが、

この種族は、老いも若きも輪郭は一様だ。

ただ頭部の形状には、大きな違いがある。

頭髪はないが、何らかの凹凸状の変化があり、彼らの特徴をなしている。

もっとも多いのは、頭頂部から顔の正中線に沿って、突起があるパターンだ。

この突起は板状であることが多く、人間のモヒカンスタイルに近い。

中にはこの突起部が、着脱式の者もいる。

顎周りに、髭が生えてくることが確認されている。

頭髪、眉毛などの毛髪類がないわりに、髭だけは存在している。

もっともこの髭も、繊維状のものではなく、よくわからない凹凸状の突起だ。

何も知らない一般人に、ウルトラマン達の顔を並べてみせると、

どれも同じように見えるという。

これは、外人慣れしていない日本人が、外人の顔の見分けができないのと同じだ。

同じように見えても、よく観察してみると、ちゃんと違いを見分けられる。

この点では、ウルトラマンも外人も変わらない。

もっともウルトラマンの場合、全く判別がつかないこともある。

同じデザインのマスクを、使い回すことがあるからだ。

ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラマンジャックを顔だけで見分けるのは、

どんな人相見の達人でも不可能だろう。

特撮マニアの恐ろしい所は、本来見分けが不可能なはずのこれらを、

見分けてしまう所にある。

自分も、いち特撮マニアとして、その境地には達してみたいと思う。

実生活で役に立つのかどうかは、謎であるが。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© Falx blog 2 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.