雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

特撮、テレビ 雑感、考察

仮面ライダーアマゾン 第10話 感想

更新日:

By: yoppy

さて、いよいよ「仮面ライダーアマゾン」も10話目に突入だ。
もともと話数の少ない「仮面ライダーアマゾン」だから
10話といえばもう中盤に差し掛かっていると言ってもおかしくはない。
激しさを増すゲドンの猛攻、そして迫る新たな敵組織。
物語が大きく動き出す予兆はすぐそこまでやって来ている。

第10話「黒ネコ獣人 保育園をねらう!!」

冒頭、いきなり登場した黒ネコ獣人がアマゾンを襲う。
爪と牙が武器ということだから、そういう意味では
アマゾンに似通っているとも言えるだろう。
さすがはほ乳類怪人である。
冷静に考えてみればネコの場合、爪も牙(歯)も人間より鋭いわけだから
ある意味、アマゾンにとっては自分よりもより強い相手、
と言っていいかも知れない。
激しい戦いの中、アマゾンは足を黒ネコ獣人に噛まれてしまう。
不利を悟ったアマゾンは、アマゾンライダーに変身して
何とか獣人の撃退に成功する。
しかし黒ネコ獣人の毒に犯されたアマゾンは倒れてしまい、
モグラ獣人に救助される。

ゲドンのアジト。
十面鬼の朝の吸(飲)血タイム。
「朝の一杯は格別だからな」
などとグルメぶったことを言う。
そこに帰ってくる黒ネコ獣人。
十面鬼はアマゾンを逃した獣人を責めるが、
獣人は、アマゾンには自らの爪で傷を付けており、
今ごろ全身に毒が回っているころだと報告する。

川縁をジョギングしている立花藤兵衛。
もう息も上がってしまって、その場にへたり込んでしまう。
煙草を取り出し一服、吸い殻を投げ捨てると、
そこにモグラ獣人が現れる。
そしてモグラに連れられるようにして穴の中から現れるアマゾン。
毒にやられたアマゾンを見て、医者に連れて行こうとする藤兵衛だが
アマゾンは自らを癒す薬の材料を藤兵衛に集めてくれるように頼む。
アマゾンを抱きかかえてチョコチョコと歩くモグラ獣人が可愛い。

2人がやって来たのは、近くの保育園。
ここでアマゾンを休ませてもらおうというのだ。
保育園の中でケガの治療を受けるアマゾン。
そこにやって来るマサヒコとりつ子。
どうやらモグラ獣人に連れてこられたようだ。
マサヒコと藤兵衛はアマゾンの薬を探しに出かけてゆく。

ゲドンのアジト。
黒ネコ獣人はジューシャたちに顎の下を撫でられて気持ち良さそう。
十面鬼はだらけ切っている黒ネコ獣人を呼び出し、
アマゾンが保育園に匿われていることを告げる。

早速、保育園にやって来た黒ネコ獣人。
休んでいるアマゾンに襲いかかる。
毒にやられたままのアマゾンは、苦戦を強いられるが、
ギリギリの所でベルトについているコンドラーで
黒ネコ獣人の目を突き刺し、難を逃れる。
そこにマサヒコと藤兵衛が薬を持って帰ってきて、
アマゾンは無事、黒ネコ獣人の毒を解毒することに成功した。

元気なったアマゾンは保育園の子供たちと遊ぶ。
子供たちとかくれんぼをするアマゾン。
しかしそこにゲドンが現れ、保育園の子供を1人捕まえる。
ジューシャたちに連れて行かれる子供を追いかけるアマゾン。
アマゾンは無事、子供の救出には成功するが
そこに黒ネコ獣人が現れる。
子供をかばいながら獣人と戦うアマゾン。
アマゾンライダーに変身して、黒ネコ獣人と対峙する。
激しい戦いを繰り広げる2人だったが、
ついにアマゾンの大切断が炸裂。
黒ネコ獣人の首は切断され、アマゾンは勝利を収めたのであった。

10話にして、ようやく、アマゾンが差別されるエピソードが無くなった。
(保育園に助けを求める際、藤兵衛がアマゾンをちらっと見て
 「怪しい者じゃありません」と言い訳する場面はあったが……)
もちろん、他の人間と比べると違和感は残っているだろうが、
アマゾンが上着を着るようになったことによって
見た目から大分怪しさが無くなったことは事実である。
そうなると、これは上着を作ってくれた
りつ子の手柄ということになるのだろうか。

モグラ獣人が、アマゾンの元へマサヒコとりつ子を連れて行くシーン。
いきなり自分の穴の中へ、2人を引きずり込むというのは
少々乱暴に過ぎるやり方では無いだろうか。
今回はアマゾン、マサヒコ、りつ子の3人が
モグラの穴の中へと入ったことになる。
(その割には、マサヒコとりつ子の服に泥などがついていなかったため、
 意外とモグラ獣人の穴というのは、中が広いのかも知れない)
ちなみに今回はアマゾンを抱きかかえて運ぶ活躍を見せたモグラ獣人だが、
保育園の前では「お前の姿を見たら気を失っちまう」などといわれ、
穴の中へと退場させられていた。
気の毒。
アマゾンへの差別は無くなったとしても、
モグラ獣人への差別は無くなりそうもない。

黒ネコ獣人。
読んで字のごとく、黒ネコの怪人だが、
ここ3回ほどの怪人に比べれば、かなり擬人化されている怪人だ。
(ネコの怪人、というよりは「化け猫」と表現したほうが
 ピッタリ来るような怪人ではあったが……)
片目を潰されたり、首を刎ねられたりと、
かなり酷い目にあってしまった。

今回から、アマゾンの変身シーンが上着を来ているバージョンに
変わっていた。
「仮面ライダーアマゾン」を撮影していたのは冬場だったそうなので、
温かくなって役者もほっと一息という所だろうか。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-特撮、テレビ, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.