雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

スポーツ 書籍 特撮、テレビ 雑感、考察

巨人の星〜その2

更新日:

By: Ryo

前回、「巨人の星」幼年編を中心としたストーリーを紹介した。
今回は主人公・星飛雄馬が高校に入学し、
球界にデビューしてからの話である。

父・一徹の昼夜を問わない働きにより、
飛雄馬は無事高校へと進学を果たす。
彼が進学したのは「青雲学園」。
全くの野球弱小校である。

現在の感覚でいえば、息子をプロ野球選手にするためには、
甲子園に出場する可能性の高い、
高校野球強豪校に入学させるのが普通なのだが、
どういうわけか、一徹は野球弱小校に飛雄馬を進学させる。
一徹曰く、
「弱いチームとともに、汗と涙にまみれてはいあがってこそ
 飛雄馬のためになる」
ということだが、弱いチームには飛雄馬の豪速球を
受けることの出来る捕手がいない。
方々を探しまわり、
ようやく柔道の高校生チャンピオン・伴宙太のいる
「青雲高校」を見つけたのである。
もし伴宙太が、柔道から野球に転向するのを嫌がったら
飛雄馬の高校野球は始まらないし、
仮に彼が捕手になったとしても、高校3年生である彼は
飛雄馬とは1年間しかバッテリーを組むことが出来ない。
と、いうことは飛雄馬は、
高校1年生の夏に活躍出来なければ、
高校2年生と高校3年生の夏を、
無為に過ごすことになってしまう。
なんともリスクの高い話である。
そんなマネをしなくても、
せっかく近所に王貞治を輩出した名門校、
早稲田実業があるのだから、
そちらに入学させ、厳しいレギュラー争いに叩き込んだ方が、
余程、プロになれそうな気がする。

ともあれ、父・一徹の見込んだ通り、伴宙太は野球に転身し、
飛雄馬とバッテリーを組むことになるのだが、
ここで1つ大きな問題が起きる。
今まで、「チーム」というものに所属した経験が
全くない飛雄馬は、レベルの低いチームメイトたちを
無意識のうちに見下しており、
チームとしてまとまることが出来なかったのである。

実際に、現在でも子供に野球をさせる場合は、
リトルリーグやら、学校の野球部などに所属させ、
チームプレイを学ばせるのだが、
一徹は全くこれをしていなかった。
飛雄馬のずば抜けた力をさらすことによって、
息子がちやほやされ、天狗になってしまうことを防いだ、
ということになっているのだが、
これもちょっと穿った見方だろう。
きちんとした指導者のいるチームでは、たとえ才能があろうとも
天狗にならないようにきっちりと教育される。
そう考えると、一徹が飛雄馬を少年野球に入れなかったのは、
むしろ経済的な理由が、大きかったのではないだろうか?
現在でも、子供を少年野球チームに所属させるには、
結構な出費があるという。
経済的に厳しかった星家では、
飛雄馬に少年野球をさせることが出来なかったという方が、
真実味があるように思える。

上手くチームに馴染めなかった飛雄馬は、
青雲高校の監督となった一徹によって、
徹底的にうちのめされ、そこで初めて自分の思い上がりを知る。
それを見届けた一徹は青雲高校を去り、
飛雄馬たちは、夏の甲子園地区予選に挑む。
一徹の指導によってレベルアップしていた青雲高校野球部は
激闘の末、甲子園出場を決めた。
そして甲子園。
飛雄馬の前に現れた新たなライバル、
左門豊作との戦いに打ち勝つが、
その試合によって飛雄馬は怪我をしてしまう。
そんな状況で迎えた、花形満率いる紅洋高校との決勝戦。
怪我を隠したまま力投を続ける飛雄馬だったが、
ついに力つき、青雲高校は決勝戦に敗れてしまう。

この辺りは、極めて普通の野球マンガである。
魔球の「ま」の字も出てこない。
現在の野球マンガに比べてみれば、
随分と大味な展開にも感じられるが、
ここだけを読んでいる限りでは、
きわめてオーソドックスな野球マンガであり、
かつてのような、大仰なギプスも出てこなければ、
火の玉ノックのような、狂った特訓も出てこない。
このマンガを初めて読んだ読者は、
ここから先は、堅実な野球マンガになるのかな?
と思ってしまう。
しかし、さにあらず。
ドラマはここから大きな展開を迎えるのである。

甲子園を準優勝で終わった飛雄馬たち。
しかし、優勝出来なかったことに腹を立てた伴の父、
伴大造の独断によって、青雲高校野球部の解散が決定する。
その矢先、伴大造が何者かに襲われ重傷を負い、
飛雄馬はその犯人ではないかと疑惑をもたれてしまう。
実は犯人は飛雄馬の友人・牧場春彦だったのだが、
飛雄馬はその罪をかぶり、青雲高校を退学してしまうのである。

まさしく怒濤の展開である。
いくら伴大造が学校の実力者とはいえ、
甲子園準優勝校の野球部を独断で潰したりすれば、
社会的なバッシングは凄まじいことになるだろう。
そうならない所が、いかにもマンガだが、
主人公が高校を退学してしまう野球マンガというのも、
そうそうあるものではないだろう。

青雲高校を退学した飛雄馬のもとには、
あちこちのプロ球団からのスカウトがやってくる。
しかし、その中に巨人からのスカウトが無かったため、
それらを全て断って、臨時に行なわれることになった
読売ジャイアンツの入団テストを受けることになる。
数々のテストを突破し、最後にはオリンピック候補・速水を下し
無事、入団テストに合格するのであった。

よくある野球マンガでは、
ほとんど高校野球が舞台になっているため、
プロまで進むマンガは少ないのだが、
このマンガは「巨人の星」だ。
高校野球だけで終わってしまっては、
看板に偽りありということになる。
この物語は、星飛雄馬が「巨人の星」になるまでの話なのだから
本来的にはここからがこの話の本番である筈である。

突飛で、ハッタリのきいた幼年編、
ドラマチックに盛り上がった高校編を経て、
物語は、プロ野球の世界へと投入していく。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スポーツ, 書籍, 特撮、テレビ, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.