雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

歴史 雑感、考察

福島女性教員宅便槽内怪死事件〜その1

更新日:

前回、自分の人生の中で、もっとも悪評高かった映画
「バリゾーゴン」について書いた。
前回も書いた通り、この映画は、
実際に起こった事件を元にして作られている。
その事件こそ、今なお、謎多き事件として知られている
「福島女性教員宅便槽内怪死事件」である。
今回は、この世にも奇妙で、反応に困る事件について書いていく。

事件のおおよそについては、前回も書いたのだが、
今回はなるべく詳細に書いていこう。

事件の舞台となったのは、福島県田村郡都路村。
現在では、田村市となっているのだが、郡山の東に位置する
山間の静かな山村である。
ここに1つの小学校があり、それに隣接するようにして教員住宅があった。
この教員住宅にて、事件は起こった。

平成元年2月28日の18時ごろ、
この小学校に勤める女性教員(23)が教員住宅に帰宅し、
トイレに入って何気なく中をのぞくと、靴のようなものが見えた。
驚いて外の汲取口へ回るとフタが開いていて、中には人間の足が見えた。
女性教員は驚いて、すぐさま教頭先生ほか同僚の教員を呼び、
同僚の教員が警察へと通報した。
まず近くの駐在所から警官が駆けつけ、続いて三春署の署員が到着した。
警官らは便槽から中の人物を引っ張り出そうとしたが、
狭くて出すことが出来ず、周りを重機で掘り起こし、
便槽を破壊してようやく出すことが出来た。
中の人物(男性)はすでに死亡していた。
男性は、真冬だというのに上半身裸であり、
着ていた上着を胸に抱えて膝を折り、
顔をやや左に傾けた格好で固まっていた。

遺体はその場で洗われ、さらに運ばれた消防団の詰め所で洗われ、
その後、医師による検案が行なわれた。
検案で死因は「凍え兼胸部循環障害」と判定された。
狭い場所で圧迫され、凍死してしまったという見解である。
体にはヒジ、ヒザに擦り傷がある程度で、
目立った外傷も争った形跡もなかった。
死後硬直の具合から、死んだのは26日ごろと判断された。
男性の身元は、現場から車で10分ほどの所に住んでいる
男性(26)と判明した。
警察は男性が覗き目的で便槽内に侵入し、
狭さで出れなくなって凍死したものと判断した。

これが一般に知られている事件の詳細である。
やはり何度見ても、コメントに困る事件である。
実際に現場で地面を掘り起こして便槽を破壊し、
男性を取り出した警官や、立ち会っていた教員たちも
困惑したであろうことは想像に難くない。
仮に男性が生きていれば、タチの悪い笑い話ですんだかも知れないが、
男性が死んでしまっているため、笑い話にも出来ない。

ただ、事故死ということで処理されたこの事件だが、
事件後、村内ではこれに疑問を呈する声が出た。
死亡した男性は、同じ村内に両親、祖母と一緒に住んでいて
スポーツと音楽が好きな好青年で、
隣町の原発保守を行なう会社で、営業主任を勤めていた。
さらに村の青年会のレクリエーションの担当部長を勤め、
結婚式などでは良く司会を頼まれたり、
村長選挙では、応援演説を頼まれることもあったという。
26歳という年齢を考えれば、いささか出来過ぎな感もあるが、
いずれにしても相当優秀な好人物であり、
とても覗き目的で、トイレの便槽に忍び込むような人物ではない、
というのである。

この男性の足取りは4日前から途絶えていた。
2月24日の午前10時ごろ、彼は父親に
「ちょっと行ってくるからな」と言い残して家を出た。
そしてそこから、彼の足取りがぷっつりと途絶えた。
彼の車は、教員住宅近くの農協駐車場で鍵をつけたまま発見された。
さらに彼の履いていた靴の片方が、現場から離れた土手で発見された。
(もう片方の靴は、便槽内、便器下付近で見つかっている)
つまり、彼が最後に家族によって確認された24日以降、
検案による死亡推定日である26日までの2日間、
彼は生きていたということになる。

この事件の謎とされる部分は以下の通りだ。

・男性はどうやって便槽内に侵入したか?
・男性がいなくなった24日から、死亡したとされる26日まで
 2日間の空白があるのは何故か?
・どうして男性の靴の片方が、
 現場から離れた土手に落ちていたのか?
・男性の人望・評判からすると、今回の事件は理解し難い。
 それなのにどうして警察は
 事故ということで早期解決してしまったのか?

この中で、この事件最大の謎とされるのが、
男性はどうやって便槽内に侵入したか?である。
データによれば、男性が侵入したとされる便槽の汲取口は、
直径36㎝の円筒状になっていた。
しかもその円筒の長さが60㎝もある。
もう1つ、屋内に便器口はあるが、こちらは直径20センチしかなく、
何より屋内ということで、侵入の可能性はゼロと言っていいだろう。
どのデータを見ても、死亡した男性の身体サイズのデータが見当たらず、
男性の体格がハッキリしないのだが、
25〜29歳の日本人男性の平均肩幅は40.4㎝である。
常識的に考えれば、36㎝の円筒を通り抜けるには、
相当無理な体勢で臨まなければならないだろう。
警察が後日、同一条件で便槽内に侵入する実験をしているが、
その結果として、便槽内に入ることは不可能、という結果を出している。
……。
不可能も何も、実際に便槽内で発見されたわけだから、
自分で入ったにせよ、他人に押し込まれたにせよ、
そこを通って入ったことだけは確実なのである。
被害者男性を殺害した後、その死体を便槽内に仕込んで
便槽を完成させ、それを女性教員宅の便槽と交換した、とでもすれば
それも可能になるかも知れないが、現実はマンガではないのである。
そんなマネをしても、捜査員が見逃すはずは無いし、
第一、便槽内に死体を仕込むことに、どれだけの意味があるというのか。
ただ、少なくとも、生きている人間が入るのが困難な場所であれば、
ましてやそこに死体を押し込むというのは、それ以上に困難だ。
さらに男性は、便槽内において膝を折った格好で発見されたが、
便槽内に押し込んだ死体に、そのような格好をさせることは、
もう不可能であると言ってもいいだろう。

だとすれば、もう、残る可能性は
誰かにそこに入ることを強制された、という場合くらいになる。
しかし、汲取トイレの便槽に入れ、と言われて、
素直にそこに入るような人間がいるだろうか?
それこそ、必死で抵抗するだろう。
だとすれば、これはどうしても暴力を持って、ということになるのだが
被害者男性の体には、争ったような跡も外傷も無い。
例え、多人数に入ることを強制され、
抵抗できないような状態であったとしても、
どうしたって、穴が小さくて中には入れないと、
そこの中に入ることを拒否するだろう。
実際、汲取口は相当に狭く、
被害者男性が積極的に入ろうとしなければ、
とても中に入れるような状態では無い。

もう1つ、考えられるのは、例えば被害者男性が誰かに追われており、
追跡者から逃れるため、緊急避難的にそこに隠れた、というケースだ。
だが、真面目に考えて、とっさに隠れる場所として
汲取式トイレの便槽内というのは、かなり不適だろう。
ましてや、その入り口が狭く、入り込むのに時間がかかるとなれば、
ここに隠れるというのは、全く考えられない。

そうなってくると、便槽内に入り込むには、
そこに入ろうとする人間の強い意志と、
恐らくは、ある程度の時間が必要になってくる。
そういうことを考えると、やはり便槽内には被害者男性が
自分の意志で侵入した、と考えるしかなく、
ではその場合、考えられる動機は?ということになれば、
やはりこれは不埒な目的があった、と考えるしかないだろう。

なんだ、それじゃあ、結局、警察の見立て通りじゃないか、
ということになるのだが、この事件には先述したように
まだいくつか「謎」が残っている。
次回は、今回出た結論を元に、残りの「謎」についても検証していく。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-歴史, 雑感、考察

Copyright© Falx blog 2 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.