雑学、雑感、切れ味鋭く、思いのままに。

Falx blog 2

動物

モグラ~その2その生態

更新日:

By: Audrey

地下50cmという、他の生物の入り込まない世界。

そこに君臨しているのが、地中の王者モグラである。

今回は、そんなモグラの生態について書いていく。

モグラの形について、どういうイメージを持っているだろうか?

大方の人は、

「なんか、こう、楕円形で……、そうそう鼻先が尖ってんだよね。

 あと手、というか前足が大きくて……」

こんな感じではないだろうか。

マンガチックなイラストでは、手にスコップを持ち、

頭にはヘルメット、目にサングラスをかけたモグラの姿が描かれる。

この場合、たまにモグラが長靴を履いていたりするし。

手に軍手をつけていたりする。

土を掘る、というその特徴のため、

一見すると道路工事の作業員風に描かれている。

こういうイラストを見ると、24時間休みなく、

トンネルを掘り続けているようなイメージを持ってしまう。

非常に勤勉なイメージだが、これは大きな間違いだ。

実は、モグラの生活サイクルは8時間だ。

人間が24時間サイクルで生活しているのに比べると、

人間が1日過ごす間に、3日過ごしているようなものだ。

地球の自転周期は24時間なんだから、

当然どんな動物でも、1日は24時間になるはず、と考えがちだが、

モグラたちが住んでいる地下世界には、もともと太陽の光が届かない。

従って、太陽の動きに生活サイクルを支配されている地上生物と違い、

完全に独自の生活スタイルを築き上げている。

この8時間の生活サイクルのうち、4時間は睡眠時間だ。

1日の半分を寝て過ごしていることになる。

で、残りの時間で何をしているかといえば、

餌を食べたり、トンネルを掘ったり、昼寝(仮眠)したりしている。

ん?

ちょっと待て、と思った人は正解である。

モグラが起きているうちにやることの中に、昼寝がある。

これは睡眠時間に入れるべきものじゃないの?と考えてしまう。

実はモグラの4時間の睡眠と、起きている間の昼寝については、

明確な違いがある。

モグラが4時間の熟睡期間に入っている間、まず途中で起きることがない。

もともと地中という、邪魔の入らない空間で寝ているわけだが、

人に飼われているモグラの場合、熟睡中に人間に邪魔されることもある。

大きな音を立てられたり、突っつかれたり。

そんなことをされても、熟睡中のモグラは起きることはなく、

そのまま眠り続ける。

あまりに無反応なので、生きているのかすら怪しくなる。

心配になって触ってみると、ちゃんと暖かみがある。

もちろん、それでもモグラは眠り続けている。

恐ろしいほどに、図太い神経をしているのだ。

逆に起きている時の昼寝(仮眠)の眠りは浅く、すぐに目が覚めてしまう。

トンネルを掘り続けて疲れた時、餌をお腹いっぱいに食べてほっとした時、

うとうとと、うたた寝を始める。

ひどい時には餌を食べている途中、ミミズをくわえたまま、うたた寝する。

まるでおじいちゃんである。

おなかがいっぱいになればうたた寝し、

あまつさえ、食べている途中にもうたた寝をするモグラ。

前回も書いたが、モグラが食べるのはミミズや虫の幼虫などで、

100%肉食である。

穏やかそうな顔をしていて、実はガチガチの肉食系なのだ。

やはりトンネルを掘るという肉体労働には、大量のエネルギーがいるのだろう。

動物界きってのガテン系、といえる。

人間界のガテン系も大食漢が多いが、モグラもこれに負けず大食漢だ。

人間のガテン系は2~3kgほど食べて、その大食いぶりをアピールするが、

モグラはもっと凄い。

動物界きってのガテン系は、実に自分の体重の半分ほどの食料を食べる。

体重60kgの人間が、毎日米を30kg食べるようなものだ。

米30kgといえば、米俵のちょうど半分である。

しかもモグラはあっさりとした米を食べるのではなく、

肉を食べているのだ。

驚異的な食事量だ。

人間がモグラを飼育する場合、餌にはミミズなどを与える。

モグラの体重は大体100gほどである。

つまり、ミミズだけで1日50g、必要になる計算だ。

ミミズを1日50g用意し続けるのは、かなり厳しい。

そういう場合は、牛ミンチ肉などでも代用が効く。

ただ脂肪の部分が多いと、器用に脂肪を避けて食べる。

脂肪よりは、タンパク質の方がお好みのようである。

よく、「モグラは太陽の光に当たると死ぬ」といわれる。

嘘である。

モグラは吸血鬼ではないので、太陽の光に当たった所で、

ダメージを受けたりはしない。

それどころかライトなどで強い光を当てても、平然としている。

目が退化しているために、光のまぶしさを感じないのだ。

そういう意味では、むしろ他の動物よりは、光に強いとさえいえる。

これは、たまたま地上で死んでいるモグラを見つけた際に、

うまく死因が特定できず、適当なことを言っただけだろう。

モグラは目が退化している代わりに、鼻と尾の感覚が鋭い。

これが地中において、目の代わりをしているといえる。

モグラが土の中を好むのは、暗い所が好きなのではなく、

身体が何かに触れていると、安心できるかららしい。

わりと鈍重そうなイメージのあるモグラだが、

その動きはかなりスピーディだ。

まるでネズミのように高速でトンネル内を移動する。

ネズミと違って凄いのは、前進もバックも同じスピードが出せることだ。

これはモグラの毛並みが、前方向にも後ろ方向にも向いていないため、

地中を移動するのに、全く抵抗にならないためだ。

地上へ、穴から顔を出しても、そのままバックで中に引っ込むことができる。

まさにゲームセンターにある、「モグラたたき」そのままである。

今回は、モグラの生態について詳しく書いてみた。

普段はまず見ることができないモグラの生活には、

我々の想像を超えたものがある。

しかしモグラは、決して可愛いだけの動物ではない。

次回はモグラの被害とその対策について書いてみる。

Related Articles:

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-動物

Copyright© Falx blog 2 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.